借りやすい住宅ローンの探し方とは?審査に通るコツはある?

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込む場合は金融機関ならどこでも受付ていますしネットバンキングでも良いでしょう。

または、不動産屋から紹介される金融機関にするといった考えもできますから、ご自身の都合に合わせることが可能です。

申し込み後の審査に合格し、支払する時が来た場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくて確定申告で申告しなければいけません。

今後、自分のマイホームを購入される予定の方は借入れ以外に、火災保険の加入を勧められるでしょう。

これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。

とはいえ、絶対に家事にならないとは言い切れないですし月々の支払いを安くするために申請しなければ、他の経費と合わせてこのローンも払っていくしかないのです。

もしもの場合を回避するためにも、きちんと申請していれば融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

まずはこのような必要性がある事を把握しておきましょう。

住宅を購入する際は色々な費用・頭金が必要です。

良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、確かに頭金を支払わなくても購入は可能でしょう。

ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が大きくなります。

月々の返済を少しでも楽にしたければ、やはり、最初に頭金を少し支払いましょう。

頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので必ず20%と言う訳でなく、支払える範囲で検討すると良いと思います。

マイホームの購入を考えた時ほとんどの人が住まいの融資をあてにすると思います。

銀行や信用金庫などから申し込みができるので評判が良い所を探したいですよね。

その際、参考にしたいのが口コミサイトです。

参考サイトには資金調達に利用した人たちの意見のほか働いている方の態度や店の感じまで細かく指摘し、さらに様々な面を星の数で表しているところもありどうせなら良い契約をしたいと考えている人にとって良い例になるでしょう。

自分の家を持つと言う事は憧れだと思います。

ですが、手に入れるまでには住宅ローン審査に通過しないといけません。

現金ですべて支払いが出来れば問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローン審査は、数あるローンの中でも一番厳しいと言われています。

最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。

審査に落ちる理由として一番大きいのが収入面の問題です。

住宅ローンを通過するには、最低でも300万以上の年収が必要だと言われています。

ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

家を購入する際に役立つのが住宅ローンです。

受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。

なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行の方も、年収・勤続年数にこだわり審査をします。

ですから、ローン申請は申し込めば必ず通る。

という期待はできません。

通らない方ももちろんいらっしゃいます。

よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上が最低ラインと言われています。

人生で最も高い買い物といっても過言ではない、住宅ローンですが皆さんはどうやって決めましたか。

近々、マイホームの為の融資を受けたいと思っている方も借り換えを希望している方もまずは口コミを参考にしましょう。

今、一番人気は金利が最も低い新生銀行です。

人気の秘訣は何といっても金利の安さにあるでしょう。

事務手数料や保証料がいっさいかからないという点、今ならキャンペーン中なのでとてもお勧めです。

但し申込みをしたのにスタッフが不在だったなど不評もあります。

納得がいくまできちんと調べておくと後悔しないでしょう。

今の住宅ローンは数え切れないほど沢山の商品があり、人気の会社の商品はどれなのかを知らない為に、迷っているという方がとても多いのが現状です。

ただ第三者であるアドバイザーの意見を聞いてから、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

ただ私達はこれから利息を払い続ける立場ですので、わざわざ有料で相談したくないという方が多いです。

今ではFPの資格を持っている仲介者が多く、お金を払わなくてもプロの意見を聞くことが出来ます。

実際に利用している方の口コミなども参考に調べておきましょう。

今後、マイホームの購入などで住宅ローンを検討している方は支払い方法としてボーナス払いを選択する前に注意が必要です。

思いがけずお金が手に入った時にまとめて返せたら、月に返すお金が減るのでとても楽になります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、年によって全く出ないなんて事もあるかもしれません。

そういう事もあって臨時収入を最初から返済にしている方は、案外少なくトータルで見ても半分以下の方しかいないのです。

時と場合によってまとめて返済する方法も視野に入れたい方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

マイホームの購入資金として利用できるのが住宅ローンです。

申請する場合は、銀行・信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。

しかし、どの場合でも融資できるかどうか。

審査があります。

大事な点は職業・勤続年数・年収などが主になります。

また、一見関係なさそうな過去の金銭トラブル等も審査基準の判断になりますので仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申請することをおすすめします。

将来、家族と一緒に住むためのマイホームを検討している方で自分の家族にお金を出してもらい返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

これは金額によって払うべき税金が決まっているもので、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、およそ1割を税金として納めなければなりません。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

思いもしないところから援助を受けることもあるので、支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

税金についてもう少し、調べておくと良いですね。

住宅ローンを組む際、必ず加入しなければいけない保証会社があります。

その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。

団体信用生命保険という保証の内容は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、ローンの残額が無くなる。

という保険です。

これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。

団体信用生命保険の保証会社はその銀行によってちがいますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。

保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。

長年住宅ローンの支払いをしているとまとまったお金が手元に入る事もあるかと思います。

その様な事があったら、是非繰り上げ返済を検討して下さい。

繰り上げ返済といのはいつものローンとは別のもので、ある程度まとまった現金を返済するやり方です。

繰り上げ返済をすると、ローン元金を減らす事が可能ですので、借入額を根本的に減らす事ができます。

借入額が減る。

という事は、月々の返済額も減る。

という事です。

繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合があります。

住宅ローンを組むにはまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など住宅ローンを申し込める金融機関は数多くあります。

各金融機関ごとの住宅ローン審査の違いは特別大きな違いはありませんが、実店舗がないネットバンクは、各取引をネット上で行います。

店舗にわざわざ行く必要がないので非常に好評です。

店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。

せっかくマイホームを購入したのに、返済金が残っている状態でガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

一般的には、自動で団体信用生命保険にも加入することになり借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、含まれていない場合もあるので十分注意しましょう。

またガンだと診断された時点で支払いが始まるものと、期限や条件付きで保証金が出る場合があります。

こうした保険は高く見えますが、思ったよりも安いので万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。

参考:借りやすい住宅ローンの探し方|どうして住宅ローンが通らないのか?

何年か後に、夢のマイホームを建てる計画をしている方は殆どの場合、火災保険の手続きも一緒に行います。

これだけ見積もってもかなりの高額のお金を請求されるのに、また別にお金がかかるのは嫌だと思う方も多いでしょう。

かと言って、いつ家事になって家が無くなるかも分りませんし保険に加入しなかった場合、ローンはそのまま残り家が無くなっても支払いを余儀なくされます。

こうした負担を防ぐために、保険に加入することで融資する側もあなたも負担がかからない最善の方法です。

このような理由で、契約を求められるという訳です。

住宅を購入したいと思ったら、まず審査を受ける必要があります。

住宅ローンは最大35年という長い年月の支払いが必要ですので、審査は大変厳しく厳重に行われます。

審査の結果は約1週間前後で電話もしくは口頭で伝えられます。

審査を通過しないと住宅ローンは組めません。

そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。

契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。

諸費用は借りる額によって人それぞれですが、事前に銀行側から指示されます。

一般的には、数十万~数百万単位の金額がかかるようです。

自分の家を持つ。

という事は、だれにとっても憧れるものだと思います。

だけども、マイホームの購入はかなり大きな出費になります。

なので、すぐに支払いをする。

という様子は誰でもできる事ではありません。

では、住宅ローンを組むとき、どこから借金をするのか?色々と方法はありますが、一番オーソドックスなのは銀行や信用金庫が良いでしょう。

どこの銀行から借り入れようか?選択しても良いのですが不動産屋と提携している銀行もありますので、不動産屋の選択に任せても良いでしょう。

今後、自分の家を建てるために準備されている方で親族に援助してもらいながら返済していく方は、贈与税について少し勉強しておくと良いでしょう。

両親からお金をもらう時に一定の金額を超えると発生する税金で、仮に、義父母から110万円以上のお金を手渡しされた場合、約10%を税金として支払う義務があるのです。

なのでそれ以下の金額であれば問題ありません。

65歳以上の親から2500万以下の援助であれば控除されるので支払いを上手に済ませるためにもこうした内容も確認しましょう。

これからかかってくる税金も合わせて調べておきましょう。

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。

世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点は特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。

ただ審査が少し変わっています。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

とはいえ、年収や勤続年数などは一般的な住宅ローンと一緒です。

担保として十分かどうか、という点を重視する。

という事です。

色々な面から審査されるそうです。

家を買う時に誰もが頼るのが住宅ローンではないでしょうか。

申し込み方法はいたって簡単で職場や自宅近くにある銀行でも良いですしインターネットバンキングでも良いと思います。

または、不動産屋から紹介される金融機関にする方法もありますので、都合に合わせて選べます。

申請後の審査に通り、実際の支払が始まった場合約10年に渡り、国から控除が受けられます。

こちらは会社で行われる年末調整ではできなくてローンを組んだ年の確定申告に自分で行く形になります。

新しく新築を購入したものの、返済している間にガンだと分った時はどのように支払っていけばいいのでしょうか。

大抵の場合、どこのローンでも団体信用生命保険に加入している為借り手が亡くなると代償が支払われるようになっています。

保証内容にガン保険が入っているものもありますが、こちらから要請しないと出来ない場合もあるので注意しましょう。

但し種類があり癌診断を下された時点で支給されるものと、1年間の通院と入院をされた場合に振り込まれる事もあります。

どちらも月々の金額で計算すると数千円の違いなので、万が一に備えて、検討しておく事をお勧めします。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数のようです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

まとまったお金が手に入った時にそれらも返済に充てたい時は、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。

まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。

新築でも中古でも家を購入する際には、ローンが必要となりますが中でもつなぎ融資という借入れ方法をご存知ですか。

こちらの融資は、十分な経費を用意できない場合、一時しのぎで借りるローンの事を指します。

一般的には、家のローンは完成してから始めて融資されるので工事をしている期間には、以上のようなローンを組む方もいます。

とは言っても、金利が比べ物にならない程高く日割り計算のため一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、無理なく続けられる計画作りがとても大切です。

住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。

ですが、マイホームを購入する際には必ず住宅ローン審査をしなければいけません。

もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういう方は数少ないですよね。

ですから、銀行の住宅ローンを検討される方が多いです。

住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。

長い月日かけて支払いしないといけないので、審査に通らない方も出てきます。

その理由として一番大きいのがやはり収入面です。

ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。

ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。

長年の夢だったマイホームを目指して住宅ローンを組んだのに、金融機関の審査で落ちた方は少なくないのです。

原因はいくつかあるので詳しくみていきましょう。

まずは、年収が400万円未満である方は要注意です。

申請者の健康状態はどうか勤続年数に問題はないかも問われます。

今までに納金出来なかったデータが残っている方は、審査落ちになってしまう可能性がとても高いです。

これらに思い当たるふしがないという方は、もう一度カード会社に記録を確認するなど徹底しましょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

いずれは住宅ローンを組んでマイホームを購入する方は、是非、注意して頂きたいポイントがいくつかあります。

これまで経験した事のない高額な買い物になる事間違いなしです。

なので金利の安さだけで選ばないようにしましょう。

総合返済額がいくらになるかで選ぶ事をおすすめします。

どんなにお得な金利で申込みをしても他の部分で費用がかかると、結局、総返済額が大きくなってしまう可能性があるからです。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

実際に利用している方の評判も参考にしてみて下さい。

住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。

あくまでも金利を選ぶのはローンを組む人自身で、銀行側からはオススメなど一切何も言われません。

基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。

また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どっちの金利が良いかわからなくなった時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

一般的には、ローンの約1割程度だといわれています。

金利だけで比較してみると安いと感じる銀行もありますが、ローンに加えて登録費用や保険料も合わせてみると、評判ほど安くならずに残念だったという方もいます。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるかこれをしっかり計算した上で比較する必要があるのです。

具体的な例を挙げると保証料や繰上げ返済が無料の銀行は、それ以外で費用がかかる事もあるのでしっかり確認しましょう。

今後、両親と同居している予定のある方は、今回は是非、知って頂きたい住宅ローンを紹介します。

普通は、借入れをする方の年齢が決まっている場合が多く老齢になるとどうしても難しい場合が殆どです。

但し、親子リレー返済をして申請に通れば、年齢がいっていても安心して申込み出来るのです。

この仕組みは、二人で同時に返済していくのではなく親が先に返して残りを後継者が返していくためです。

これらの理由により普通のローンよりも借入れ期間が長いのです。

一つ勉強になったと思って、是非検討してみて下さいね。